不動産事故・不動産トラブル・民事トラブル・商事トラブルなら土井総合法律事務所(弁護士事務所/神戸市)へ

刑事事件

逮捕されたら

家族や知人が逮捕された時、きっと皆様の心中は穏やかではない事と思います。
しかし、このような時ほど冷静な行動が必要です。

◆逮捕された家族、知人が今現在どこで身柄拘束されているのかを確認
→家族であることを伝えると、警察はこの程度の情報は教えてくれます。

◆逮捕された理由を確認

◆すみやかに、私どもに相談してください。
→迅速に対応いたします。

逮捕と勾留(逮捕後の流れ)

警察官による逮捕

警察官が検察官に事件を送致
(逮捕より48時間以内)
警察官、検察官が証拠を集めている時期です。
この時期、私共は逮捕者に有利な証拠、事情を捜査側に伝え、違法な捜査が行われないように活動します。

検察官が裁判官に被疑者身柄の勾留請求
(検察官送致より24時間以内)

裁判官が勾留決定
(勾留期間は勾留請求日より10日間)

検察官が裁判官に勾留延長請求
(10日間以内の延長)

被疑者段階と同じで、この段階においても捜査側は、証拠集めをしています。

私共は、示談交渉を始め、被勾留者のために活動いたします。

検察官による事件処分
(起訴・不起訴・処分保留による釈放)
 

捜査段階の弁護士の役割

刑事弁護人は被疑者の利益を代弁します。

刑事事件の内、身柄を拘束されてしまうと、精神的な打撃が大きいです。
また接見禁止措置が取られた場合の孤独感は、想像を絶するものです。このため、私共は、ご家族、知人に対しての心理的サポートをしております。
ご家族への連絡も忘れません。

よく話合いの上、最善の道を一緒に考えましょう。