不動産事故・不動産トラブル・民事トラブル・商事トラブルなら土井総合法律事務所(弁護士事務所/神戸市)へ

遺言書作成

遺言書とは

相続を円滑に進めるには「遺言を書く」ことが最も効果的であり、唯一の方法といっても過言ではありません。

遺言書はご自身で作成することも可能ですが、法律的に有効な書き方をしなければ無意味ですし、作成した後、保管をする場所にも悩まれると思います。先ずは一度弁護士にご相談の上、遺言を作成されることをお勧めいたします。

自分がなくなった後が心配な方

  • 独身のため、亡くなった後に周囲の方に迷惑をかけないか心配」
  • 子供たちの仲が悪いため、このままだとトラブルになりそう」
  • 自分の意志通りに財産を譲りたい
  • 「これまで親に散々苦労をかけてきた息子には、財産を譲りたくない
  • 「血縁関係の無い、嫁・婿に財産を譲りたい
  • 先妻・先夫との間に子供がいるため、自分の死後紛争にならないか心配」
  • 事業継承も考えなければならないので、慎重に相続したい」

親が亡くなった後が心配な方

  • 兄弟間で仲が悪いので、親の死亡後に兄弟間で争うことになりそう」
  • 「親は自分に全部財産をくれると行っているけど、本当に思った通りに進むのだろうか
  • 自分自身は血縁関係が無いけど、面倒をずっと見ている場合はどうなるの?」

遺言書の種類

遺言には以下の3種類があり、それぞれ成立のための要件も異なりますので、それぞれの形式のメリット・デメリットを吟味した上、慎重に作成することが必要です。

公正証書遺言

公正証書遺言は、証人2人以上の立ち会いの下、まず遺言者が公証人に対し遺言の趣旨を口述し、公証人がこの内容を筆記します。
書き上がったら、遺言者と証人に公証人が読み聞かせまたは閲覧させ、遺言者と証人が署名・押印し、最後に公証人が署名・押印して完成です。
公正証書遺言は公証役場で作成するのが原則ですが、寝たきりで公証役場まで行くことが困難な場合など、特別な場合には、公証人が家や病院に出張してくれることもあります。

完成した公正証書の原本は公証役場に保管されます。
公正証書遺言は、作成に法律の専門家である公証人が関与するため、法的な有効性に疑いのない遺言を作成することが可能です。
また原本が公証役場に保管されるため、偽造や紛失の危険もありません。

公証人は職務上の守秘義務を負いますので、遺言の内容が外部に漏れる危険もありません。

◎公正証書遺言のメリット
・専門家である公証人が作成してくれる。
・公正証書遺言の原本を公証役場で保管してくれるため、保管が安全で確実。
・家庭裁判所の検認手続が不要

◎公正証書遺言のデメリット
・作成に費用と手間がかかる。

 

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、遺言者自身が記載し、押印するだけで作成できる最も簡易な遺言の方法です。

自筆証書遺言は、内容、作成年月日、署名の全てが遺言者の自筆である必要があります。
遺言者が他人に手を支えられて書いた場合や、外国語・略字で書いた場合も、遺言者の意思と認められる限り、問題はないとされています。

また、押印は必ずしも実印でなくても、認印、三文判でもよいとされています。

◎自筆証書遺言のメリット
・いつでも簡単に作成でき、また、容易に書き換えが出来る。
・遺言をしたことを、周囲に秘密にしておくことができる。
・費用がかからない。

◎自筆証書遺言のデメリット
・遺言書を紛失してしまったり、自らの死後に発見されないことがある。
・第三者によって、偽造・変造される恐れがある。
・家庭裁判所の検認手続が必要

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言の内容を遺言者以外に知られることなく作成できる方法です。
秘密証書遺言の作成方法は厳密に定められており、要件を一つでも欠くものは秘密証書遺言としては無効になります。
但し秘密証書遺言としては無効でも、自筆証書遺言としての方式を備えていれば、自筆証書遺言としての効力を有します。

密証書遺言は第三者に代筆してもらったり、パソコンを使用して作成しても構いません。
証書ができたら封筒に入れ、証書に用いたものと同じ印章で封印します。
この封入・封印だけは遺言者自身が行う必要があります。

封印したものを公証役場に持参し、公証人1人と証人2人以上の前に封書を提出し、遺言者が自分であることを申述します。
公証人が、証書の提出された日付と遺言者の申述を封書に記載した後、遺言者、公証人、証人が共に署名・押印すれば秘密証書遺言が成立します。

◎秘密証書遺言のメリット
・遺言書の秘密を守れる。
・代筆やパソコンによる作成も認められる。

◎秘密証書遺言のデメリット
・作成に費用と手間がかかる。
・家庭裁判所の検認手続が必要

遺言書の書き方のポイント

遺言は、法律で厳格に要件が定められています。
自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方のポイントは以下の通りです。
当事務所では、より確実な公正証書遺言の作成を奨励しています。

公正証書遺言の書き方とポイント

  1. 証人2人以上の立会いのもとで、公証人役場へ出向く
  2. 遺言者が遺言の内容を公証人に口述する
  3. 公証人がその口述を筆記する
  4. 筆記した物を遺言者及び証人に読み聞かせ、または閲覧させる。
  5. 遺言者および証人が筆記の正確なことを承認したうえで、各自が署名捺印する。
  6. 公証人がその証書を法律に定める手続きに従って作成されたものである旨を付記して、これに署名捺印する。

自筆遺言作成のポイント

  1. 全文を自筆で書くこと。
  2. 用紙は自由。
  3. 縦書き、横書きは特段の制約はなし。
  4. 筆記具は自由(ボールペン、 万年筆等制限はありません)
  5. 日付を自筆で記入すること。
  6. 氏名を自筆で記入すること。
  7. 捺印をすること(認印や三文判でも構いませんが、実印が好ましい)
  8. 修正・変更する場合には当該箇所に押印し、その上部に修正・変更の箇所と内容を付記し、署名すること。